So-net無料ブログ作成

最近思ったこと [日常]

前回の考えていたことに対する、自分の結論について。
s-PC310016.jpg

テーマが重いのでまずは、うちのにゃんこたちで和んでいただくことに。

s-PC310019.jpg

結論としては結局何も出来ない、という始めから予測していた結果となりました。
それでもその友達と話しが出来たことは、自分にとって、そして彼女にとっても少しは、
意義があったのではないかと勝手に思います。であったと望む。

終始「説得」はしませんでした。
説得が自分に出来るとは思わなかったし、むしろ話しがこじれるだけに思ったので、
ただいくつかのことを確認しただけです。

特にこの2週間、真剣に彼女に何を云おうか悩んでいたのですが、
最終的には、自分の立場で何かを彼女に発信するしか出来ないなぁと思いました。
彼女のために、彼女のことを思って、なんて意見はやっぱり傲慢だし好きじゃない。
「何かをしてあげる」って傲慢な考えじゃなく、自分の疑問を提示しつつ、
同意すべきところは同意して迎合は決してしない、というスタンスを心がけました。

何度ここがなんば花月なら良かったのに、と思ったことか。
「なんでやねん」の「な」が何度ものど元まで出掛りつつ、約3時間の話は終了。

結局、彼女はほとんどのことは既に知っていました。
それがいいことでは決してなく、むしろ知らないでいてくれてた方が、
考え直してくれたかも知れないけれど、知っていて覚悟の上でその団体にいるようなので、
私に云えることは何もありませんでした。
ひとつ心残りは云うべきか云わざるべきか迷って、結局云わなかったことがあること。

団体名を云わないで勧誘するのは「詐欺」だよ。

私はそう思います。でも云えなかった駄目な私・・・。

今回私がたまたま気づいただけで、彼女の口から団体名を教えてくれたことは今までありません。
以前団体名はない、と云っていて、それも全くの嘘ではないことは知っているけれど、
でもどういう団体かを説明はしてくれたことはありませんでした。
そもそも最初に誘われたサークル活動では、宗教団体であることすら云わなかったし。

「云ったらみんな来ないでしょう?」と云う理論はあり得ませんよ、ぞなもし。
私は「今まで云わなくてごめんね。」くらいの発言を少し期待していたのですよ。
看板出さないで勧誘している、ってことがどういうことか、分かってるのかなぁ?

共通の知人に彼女の話しをしたところ、「でも彼女自身は悪いことしてないし。」と云っていたけれど、
私はそうとも云えないと思いました。
信教の自由は憲法でも保証されていることだけど、看板も出さず宗教だとも云わずに勧誘するのは、
勧誘される側の信教の自由を侵害しているのでは、と今回思いました。

その知人はとても物事をはっきり云う人なので、それは受ける側にも問題があるとの考えで、
それも理は実にあるけれど、そうも出来ない人も多いしねー。
私なんて今日こそは!と決心してきっぱり断ったこと四度もあるのに、
昨日も最後には「また来たくなったら来ればいいよ」と云われ、ぎゃふんと思いました。
にっこりと「地獄に落ちるよ」と云われても、私はもう行きませんヨ!

でももしかしたら、彼女と会えるのはもう昨日で最後だったのかも知れない。
私と会ったことや、私がその団体のことを知っているということを、彼女はメンバーに話すだろうし、
そこで誰かに私と会うことを止められるかも知れないし、また彼女自身がもうやめようと思ったかも。
彼女たちにとって「救い=組織に入る」だから、それを断ったサタンにとり憑かれた人たちのことは、
多分、もう興味がない気がする。

本当に一人でも多くの人を救いたいと思うのなら、その団体にまつわる事件で傷ついた人たちを
まず救ってから、それ以外の人のところに来てくれい。
という結論に最終的には至った私。

世界中に拠点があって、それに例え全部行ったところで、自分たちの団体を反対する意見を
無視しているようじゃ、世界が広がったことにはならない、ということをいつか、
彼女に伝えたいと思っています。
それは迫害じゃ、ないんだよ。

今回話しが出来たことで、今後もし彼女がその団体に疑問を持ち始めることがあったら、
もしかしたら私を頼って来てくれるかもしれない、と今はそれだけを願うのみです。
それくらいしか、今のところ何も出来ません。

そして何より、彼女が実被害にあうことがありませんように。
私は彼女とは違った方法で、そのことを神に本当に本当に、祈ります。

nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 11

コメント 8

春分

もし思い直す日が来るなら、思ってくれて友達がいたことが帰る道しるべに
なろのではないかな。
もしそういう日が来なければ、不幸ではない心のうちに一生を終えるのかも
しれませんね。
by 春分 (2010-02-22 05:58) 

piano

信じ込んでいる人には何を言っても駄目だから
今はいたちたちさんが”悪者”になってしまうかもしれません。
でもいつか「彼女の言うことに耳を傾けたらよかった」と思ってくれたら
いいですね。
私の妹も変な宗教にハマってしまって、生活の中心になっています。
本人は「宗教じゃない」と言い張るけど、客観的にみたら
明らかに洗脳されてます。
独身の女性に100万円もする仏壇を買わせるなんて、詐欺同様だと
思うんだけど、本人はそれで幸せらしいからどうしようもないです(T_T)
by piano (2010-02-22 07:48) 

ぱむ

一歩前に進めましたよね。^^
彼女に今は伝わらないかも知れませんね。
でもそれはしかたのないことかも。
(pianoさんの”本人はそれで幸せ”のくだり、彼女もきっとそうなんですね)
by ぱむ (2010-02-22 09:50) 

kinako

お疲れ様でした。

この団体を脱会した方の手記を読みました。
全ての手記を読んだわけではないのですが、人に言われて脱会した方はいないように思います。
自分自身が疑問に思うことが出てきたということが始まりですが、脱会するまでには葛藤や恐怖などがあるみたいです。
それだけ洗脳されているのでしょうね。

この団体が相手に名前を明かすのは、ある程度の過程を経てからのようなのですが、それはやはり「言ったら来なかったでしょう?」ということなのではないかと勝手に思っています。

お友達が疑問に思ってくれる日が、いつの日か訪れればいいのですが、
私も実被害に合わないことを祈るばかりです。
被害に合っても被害とは思わずに、喜びと考える信者も多々いるでしょう。それも実被害ですよね。
by kinako (2010-02-22 22:06) 

ガッチョ

ぽこぺならきっと話すだろうと思っていました。

全然関係ないけど、司祭はカトリック、牧師はプロテスタント、ということを最近知りました。

今度、30回ボケてあげるので、なんでやねんって31回突っ込んでください。

by ガッチョ (2010-02-22 22:26) 

いたちたち

>春分さん
道しるべになってくれたら・・・と切に願ってます。

>pianoさん
そうでしたか。やはり意外と身近にそういう話しはあるものなのですね・・・。

この団体はすぐには金銭被害に合わないので、他のカルトに比べて
カルト性は低いとは云われていますが・・・。
でも恐らく彼女の知らないことが、まだたくさんあるはずです。
位があがるほど、献金はハンパないようなのです。

それに友達の場合、本人で被害がとどまればまだいいですが、
勧誘してる時点で確実に被害を広げてます。
本人が幸せであれば・・・と彼女が考えているとしたら、
非常に甘い考えだと思いました。

って、こんなこと本人に云わなきゃ、何も意味もないけど。
私は情けない人間だなぁ、って思っちゃいます。

pianoさんの妹さんも、被害広げたりしないとホントにホントに
いいですね。ご本人はお気の毒ですが・・・。

>ぱむさん
今のところはしかたない、とぐっと我慢してます。
自分だって褒められた人間ではないし、自分がいいと思ってるものに
ケチつけられたら嫌ですもんね。
フェレットは絶対かわいい!!と思っていても、「臭いから嫌」と
云われたら、ムッとしますしね(笑)

>kinakoさん
私も名前が分かってからというもの、それにまつわるものをたくさん
読みましたので、ちょっとしたカルト通になってしまいました(笑)

真面目な話し、実被害に合わなければもうそれで良し、
と考えるように気持ちを切り替えるようにしてます。
本当は勧誘している時点で、彼女は被害者予備軍を作ってしまってる
けれど、それについては確実に私は何も出来ません。
なので、彼女が被害に合わないように合わないように、
本当に祈ってます。

>ガッチョくん
わらた(笑)
よくご存知だと思うのですが、私ツッコミじゃないんです。
でもツッコミたかった・・・。
なんば花月じゃなかったらさま~ず三村でも良いです。
もうアホの坂田でもなんでも良かったかも。
ちなみにしょーもない話し、その団体の代表がツッコミなんです。

by いたちたち (2010-02-23 01:57) 

こんとらばっそ

ご自分の正直な考えを伝えられたことが
一番なんじゃないでしょうか。
なんだか、いたちさんの優しさを知った気がします。

by こんとらばっそ (2010-02-23 23:48) 

いたちたち

>こんとらばっそさん
そんな優しさとかじゃないんですよ~(><)
これって社会問題なので、それに友達が加担してるかと
思うと気が気じゃないじゃないですか~。
by いたちたち (2010-02-24 00:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。