So-net無料ブログ作成

Banksy [絵]

Banksy
s-P1000902.jpg
2006年6月

ブリストルでのお気に入り、Banksyです。

シティセンターへいつものお散歩に出掛けた私は、ある壁画に目が止まりました。
これ、お、面白い・・・と失笑しつつ、すっかり気に入ってしまった私は、すぐに写真におさめました。
これがBanksyとの初めての出会い。

実は有名な画家だと知ったのはそのすぐ後でした。
友達のうちに遊びに行った際、「面白い絵を見たよ~」と話しをしたら、
「もしかしてBanksy??」と聞かれ私がきょとんとしていると、
友達がすぐにホストファミリーから美術館のカタログを借りてきてくれました。

ちょうどこの夏、ブリストルで大規模な展覧会を行ったばっかりだったようで、
このそれほど大きくもないこの街に、世界中からBanksyファンが集まったそうです。
おぉぉ。もっと早く来れば良かった!

彼は「芸術テロリスト」と呼ばれていて、公共の壁に勝手に絵を描く困った人のようです(笑)
このブリストルにある壁画も彼が勝手に描いたものらしい。
あんまりになじんでるので、全然そんな風に思わなかった。

s-P1000903.jpg

この絵が2006年6月に描かれた際、消すか消さないかで大変な騒ぎになったそうですが、
消さないという圧倒的支持により、今尚見ることが出来ました。

s-P1000901.jpg
それにしても・・・変なの(笑)

2005年、イギリスやアメリカの有名美術館に勝手に自分の作品を展示して、
しばらく誰にも気づかれなかったりしてたそうです。
そんなことってあるんですね~。

もちろん、公共の場に絵を描いたり飾ったりしちゃ駄目なんですけど、
でも面白い人ということは間違いない。
お金儲けでもないし、反戦をテーマにした絵を多く描いてることも人気の理由のようです。


これもブリストルで見つけた壁画。
s-P1000718.jpg

これはBanksyっぽいけど、どうだか分かりません。
でもこれもお散歩中に発見して、面白かったので写真におさめました。

この絵のポイントは「The COAT OF ARMS」。
意味は中世の時代、コートの上につけた紋章のことです。
見た瞬間思わず笑ってしまいました。

s-P1000719.jpg

I'm leaving here on Saturday at last.



北斎 [絵]

 「富岳三十八景」を見てきました。
江戸東京博物館で北斎展をやっていて、今朝雪が降り積もっていたのでかなり迷ったのですが、
明日までということなので、なんとか気持ちを振り絞って見に行きました。

素晴らしく素晴らしい。
あの色彩は奇跡的で、まるで魔法がかかったようです。
どの絵をとっても絶妙のアングルで、自然と笑みが零れます。
やっぱり安心するんですね。DNAでしょうか。

来週からは安藤広重展を3回に渡ってやるようなので、これも行く予定。
今度は「東海道五十三次」です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。